この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ホルダータイプの良し悪しの確認もしましょう

ホルダータイプのメリットと使い方のコツ

糸巻きタイプのフロス以外では、ホルダータイプもあります。
自分で長さ調整するのが不要なので、使い慣れていない人や手間を少しでも省きたい人にはオススメです。

F字型とY字型の使い方は糸巻きタイプとほぼ同じ。
歯と歯の隙間にフロスを当てていき、ゆっくり動かしながら汚れ除去をします。
しかし、糸が硬いタイプがあるので、力加減を間違えると歯茎を傷つけたり切れてしまったりするリスクもあります。
できるだけ力加減を抑えたうえで使用しましょう。

1本を複数回使用するのも大事ですが、汚れが少なからず付着するので、使用後は水洗いをしてください。
また、使い続けることで毛羽立ちや汚れが目立ちます。
その際は新しいものに替えましょう。

毎回行うのも大事ですが注意点もあり

フロスを用いて歯の隙間汚れを除去するのは、毎食後行うのも1つの方法です。
ブラッシングと一緒に口腔ケアをすることで、歯周ポケットの発生予防ができます。

しかし、人によっては頻繁に行うのが難しい場合があります。
特に外出先であれば、ブラッシングやフロスでのケアをする場所や時間の確保ができないかもしれません。
その際は、就寝前だけでも良いので口腔ケアをしましょう。

フロスの使用を続けると、同じ所で切れたり引っ掛かりが生じたりする場合があります。
歯と歯の間に虫歯の発生や歯周ポケットが高い場合、他には詰め物や被せ物とが合わないなど各種原因があります。
症状が出た時は、できるだけ早めに歯医者に通院を行い、歯科医師による治療を受けるのがオススメです。